th_IMG_3607

ここ最近、キリストや旧約聖書、コーランの登場人物、ブッダのゆかりの地をたくさん回ったり、難しい本をたくさん読んだり、瞑想をしたり、命について様々な角度から見せつけられたり、貧困や民族対立や政治腐敗のまっただ中をさまよったりして、頭が凝り固まってた。

そうなるつもりで設けた期間だからそれでいい。
有り難い学びをたくさん頂いた。

けれど、この辺で一度リセットしよう。
どこまで行っても、根本は何も変わらない。
ただ、幸せを分かち合いたい。

旅をしてつくづく思う。
自分は恵まれてる。
今まで消費した物質やお金なら数字で表せる。
道端で見かける人よりも、
100倍、1000倍、10000倍、100000倍、そんなもんじゃない。
それより遥かな開きがある。
貧しい国なら現地の人に取っての大金を複数の人に手渡せる。
けど、それで人は幸せになるだろうか。
幸せを分かち合えるだろうか。

自分の体はお金では買えない。
家族の命はお金では買えない。
人との繋がりや愛情の交換はお金では買えない。
数字では表せない。
遥かに価値のある物。

恵まれすぎてる自分にとって、どれも当たり前に与えられている事だった。
しかし、周りを見渡せばそれはあまり当たり前ではなかった。
ただ、自分が見た美しい物を、人にも見せたくなった。
ただ、自分が感じた幸せを、人にも感じてほしくなった。
嬉しそうな顔を見ると、美しい物は何倍も美しく、幸せは何倍も大きくなる。
不思議だけれどそうなっている。
それだけの単純な事だった。

しかし、自分はどこまでも弱く、小さく、愚かで何も出来ない。
それは子どもの頃から何一つ変わってない。
周りを見渡せば、世界は誰かに助けを求めている人で溢れている。
今日一日の命さえ危うい。
実際に苦しみながら生き、苦しみながら死ぬ人が無数にいる。
けれど、この無数の人々を前に自分は完全に無力。

自分には
彼らの生きる意味も
自分の生きる意味も分らない
それでいい。
それよりもっと大切なのは
「人生に意味が無い」という事。

だからこそ、ただ心の求める事に命を使う事が出来る。
小さいながらも最大、最善をただ尽くそうと思える。
土台が無だからこそ、想像出来る限りの最大に向かえる。
無限を目指せる。

その過程のどこで終わっても悔いはない。

だから、
将来が不安定でも世界を見る必要があれば見る
命がかかっても成長出来るならやる
苦しくてもいつかより多くを与えられるなら学ぶ
日本が頼もしいから日本人に語りかける

そうやって色々やると、いつの間にか肩に力が入ってる。
けれど、自分はただの小さく弱く愚かな自分。
それは永遠に変わらない。

根本はただの単純な事。
人と幸せを分かち合いたい。
そこに自分の命の最大を注ぎこむだけ。
その道端に、ささやかな幸せや、美しさや、男のロマンを見つけながら進む。
無のキャンパスに、自分の好きな人生を描き続ける。
そして時が来れば
小さいなりに
弱いなりに
愚かなりに
描き上げた作品を眺めながら
笑って死ぬ

本気で現実的に幸せを世界中と分かち合いたければ、何一つ疎かには出来ない。
だから世界中を見て、色々な事を学んで、ごちゃごちゃと堅苦しく考える。
だけどまた、少し緩めよう。

また溶かして、外して、忘れて
知識に自分を縛らせず
ただ、自分の応用力にする
その瞬間に最大限使える能力の幅が広がって行く
一回り大きな自由になる
いつか自分にとって心地よい大きさの自由になる
それが、自分の命で望める範囲の最大の自由

今はまた、一旦リセット。
力を抜こう。

今から日本へ向かいます。
何から何まで楽しみだ!