グランドキャニオンに向かう途中。
空の滝を見た。

山の上だけに30分ほど留まって降り注ぎ、一気に動き出した。
この雲が真上に来た時降ってきたのは霰だった。
あまりの量に前が全く見えない。
運転出来る車はなく次々に停車。
まさに滝の中。
アリゾナの砂漠がみるみる白く染まって行く。

一緒にいたこの土地の人も「こんなのは見た事が無い。」と言うが、神秘的な事は世界中で起こっているのだろう。

科学的にも警告され、各地の伝説などに予言されている「変化」。
異常気象の一部なのかもしれないが、これを目の当たりにした時、自然の不思議さと力強さと美しさに感謝と畏れを抱くしかなかった。