伊藤研人と申します。
文化、アート、絶景、遺跡、歴史、教育、環境、社会問題などをキーワードに世界中を旅しています。
この多様性に満ちた世界をこの目で見たい。それが目指す物の実現に繋がると信じて旅を始めて四年目。これまで様々な文化に触れて、違いに驚きながら学ばせて頂きました。そして他国の文化を知って尊重する気持ちが大きくなるほど、日本の文化にも誇りを持つようになりました。故郷である日本の文化を学び直す事と実践する事、そして異文化を学ばせて頂く時の礼儀だと思い、和装で旅をしています。

目標は幸せを感じて生きられる人を増やす事。そのために活動している人を見つけて繋げて応援する事。日本に帰った時には伝統文化や教育に関わる活動をしていきます。

今この時代の変化の中で国際的な繋がりが強くなり、この美しい星で暮らして行く為に新たな調和が必要とされています。
人と自然、国と国、人と人。ありのままをこの目で見て、この世界はどう変化して行くのか、この世界をどう変化させるべきなのか。それを確かめるため、そして共に行動出来る世界中の仲間に出会うため、旅をしています。
人の笑顔が好きなら仲間でいて下さい。

世界の調和を見る為に、日本の果たすべき役割は大きいと確信しています。

ー経歴ー
2009年 室蘭工業大学卒業。
ニュージーランドにて生活を始める。多国籍の人々が集まる環境で英語習得、農作業従事。

2010年 オーストラリアに移住。バナナ農園で収穫チームのリーダーを勤めながら、多国籍の環境でのリーダーシップを学ぶ。

2011年 スキューバダイビング・インストラクターとして英語でダイビングを教えながら、多国籍の環境での指導力を養う。

2012年 アメリカ合衆国でいくつかの地域のインディアンと生活を共にしながら文化を学ぶ。
様々な儀式を体験しながら精神性を学ぶ。
中南米周遊(グアテマラ、メキシコ、ホンジュラス、ペルー、ボリビア)
スペイン語を学びながら文化、宗教、地理、社会情勢を学ぶ。

2013年 ヨーロッパ周遊(スペイン、フランス、イギリス、スコットランド、スウェーデン、ドイツ、チェコ、スイス、オーストリア、リヒテンシュタイン、イタリア、ギリシャ)
イスラム教圏滞在(トルコ、エジプト)
各国で家庭の中で人と触れ合いながら文化、宗教、地理、社会情勢などを学ぶ。

2014年 中東周遊(エジプト、ヨルダン、イスラエル、ドバイ)
インド、ネパール滞在
各国で家庭の中で人と触れ合いながら文化、宗教、地理、社会情勢などを学ぶ。
アメリカ滞在、アフリカ縦断、東南アジア滞在

2015年 日本各地、約60カ所で講演。
和服の普及、国際交流活性化、根本的な教育を目的として、活動。

2016年 徒歩で日本縦断(北海道から沖縄)
イマジンワンワールド・KIMONOプロジェクト 副代表就任
いいね!JAPAN 株式会社設立

ー訪れた国ー
ニュージーランド、オーストラリア、アメリカ、グアテマラ、メキシコ、ホンジュラス、ペルー、 カナダ、ボリビア、スペイン、フランス、イギリス、スウェーデン、ドイツ、チェコ、ギリシャ、 オーストリア、リヒテンシュタイン、スイス、イタリア、バチカン市国、ナミビア、タンザニア、 ザンビア、南アフリカ、ケニア、イスラエル、トルコ、ヨルダン、エジプト、アラブ首長国連邦、 ネパール、インド、モロッコ、マラウィ、ベトナム、カンボジア、タイ、台湾、中華人民共和国

ー志 死ぬまでにやりたい事ー
【人生を通して、命の終わる時まで目指す事】
・世界中で笑顔で幸せを感じながら暮らせる人を増やす方法を考えて実行する。
・この時代に人類と自然が調和、共存する最善の方法を考えて実行する。
・日本人一人一人が自分の幸せと国益をまっすぐに目指しながら、その活動が他国や世界全体の利益になるような日本の国の仕組みを考えて提案する。
・世界中が急速に繋がり、変化する中で、世界規模で必要とされている人間社会の仕組みを考えて提案する。

【目指す事の為に自分が人生でやりたい事】

◎20代後半~30代後半
「着物」
現代の日本人が和服を普段着として自然に選択出来る空気をつくる。
現代の日本の街にあった和服を新しい形も視野に入れて提案する。
現代の日本のオリジナリティとアイデンティティとクリエイティビティを実践から皆で考える。
「異文化交流」
一人で海外に出られる日本人を増やす為のセミナー、イベントなど。
各地の文化や風土から楽しみながら色々な事を学ぶ為のツアー企画。
海外から来た人々に日本文化に触れる場所や機会を提供する。
「教育」
若者が世界的な視野を持って、志を立て、進んでいけるような学びの場を提供。
世界中の同志と共に、学び、活動していける場所を作る。
子ども達が勉強の意味や必要性を自覚して、自分で選択して楽しんで学べる考え方の発信。
世界各地の様々な文化背景を持つ子ども達が一カ所に集まって一緒に学べる機会の提供。
人類存続の為にこれからは戦いではなく、協力が必要だと世界中の子ども達に認識してもらう。

◎30代後半~50代後半
「社会活動」
○数世代先を見越した政治。国益、人類益、地球益を対立させない社会の仕組み。
・新たな貨幣経済の仕組みの模索
それによる、経済活動の矛盾や非効率を軽減、人や社会のために働ける職場環境の創出
それによる、政治とお金の関わり、政治汚職の軽減、透明化、政治への関心度上昇

・食料、水、木材、衣類、エネルギーなどの生命に直接関わる物の国内完全自給を目指す
それによる、経済的搾取、外交での脅し、災害時、食料の安全性等のリスク軽減
それによる、輸送費、防腐加工費、大気海洋汚染、人類の燃料消費量などの軽減

・学生が海外で学ぶための時間と資金の創出
それにより、海外を知り、恐れの種を除き、各国協力の道を考えられる人材育成

・高齢化に伴って、高齢者が家で過ごすよりも生き甲斐を感じられる仕事場の提案
それにより、高齢者に、社会貢献、地域や子ども達、高齢者同士の交流の機会を提供
それにより、より充実した心身ともに健康的な老後生活と共に全国民の負担軽減

・各国の地域にあった緑化、食料自給などの仕組みづくりの支援
それにより、各国の真の意味での独立と経済的自由を目指す
それにより、より健全な国際関係を促し、戦争や紛争を減らす。

・先端技術を駆使しての自然環境と人間社会の調和
特に環境破壊を最小限にしながらエネルギー自給する為の技術開発支援
「それが可能かどうか」以上に「それを開発すべきかどうか」と言う科学倫理教育の見直し

・若者がやりがいを持って働ける環境づくり
経済の仕組みの見直しにより、企業利益だけでなく社会貢献を見た職場になる仕組み
お金の為だけだけでなく、自分がやりたい事と社会の関わりを考えた職業を選べる環境
日本人として日本で働く事が世界各地に貢献する事になるという認識の一般化

・母親、家庭に優しい社会作り
子育てに対する国からの経済支援の見直し
母親が子育てに専念したあとの再雇用先の充実
経済活動をしながらも、家族での時間、家庭内での教育にも時間が避けるような職場環境

・非武装での国防を目指す
日本の世界各国、世界的な人類への多大な貢献、
日本が世界中の知的財産や文化交流の重要な拠点となる事、
世界中の子ども達が各地の文化を学び合いながら共に学べる国となる事、
将来、日本で学んだ世界中の子どもたち取っての第二の故郷となる事、
等を通して、最終的に「非武装での国防」実現を目指す。
将来、戦争をなくすための世界規模の軍事力削減の為の一歩とする。

◎50代後半~最期
世界中の人々と一緒に
・平和活動
・伝統文化、それぞれの土地とその自然環境にあった現代の生き方の模索
・戦争をなくす事を目指す活動
・新たな世界経済の在り方の模索
・新たな「国家」、「国境」の定義や枠組み必要性を話し合う
・多様性を尊重しながら、世界中で共通して認識すべき事を話し合う
・多様性を尊重しながら、世界中で共通して教育に盛り込む事べき事を話し合う

「中庸の生活」
自然の仕組み、社会の仕組み、家族との時間、自分の心、死ぬ準備など、
その中庸を意識した生活の実践

連絡先:「Mail」のページよりご連絡ください。
Facebookページ:http://www.facebook.com/samuraiboukenka

Facebook個人アカウント(フォロー歓迎):https://www.facebook.com/kento.itoh
twitter 伊藤研人:https://twitter.com/KentoItoh

th_IMG_6200 th_IMG_5372 th_IMG_3695 th_IMG_1577 th_IMG_7554th_IMG_6823 th_IMG_4402 th_IMG_4536 th_IMG_6478 th_IMG_3952 th_IMG_7830 th_IMG_3741 th_IMG_6736 th_IMG_2651 th_IMG_6144 th_IMG_9450 th_IMG_2646 th_IMG_3572 th_IMG_5258 th_IMG_2398 th_IMG_7389 th_IMG_2593 th_RIMG0020 th_IMG_9188 th_IMG_2173 th_IMG_0096 th_IMG_4934 th_IMG_6149 th_IMG_2841 th_IMG_7219 th_IMG_7843 th_IMG_9770 th_IMG_2368 th_IMG_6787 th_0H2A2632 th_IMG_7459th_IMG_5778 伊藤研人 伊藤研人 伊藤研人 着物 伊藤研人 着物

th_IMG_9745 th_IMG_9586 th_IMG_9519 th_IMG_9467 th_IMG_9450 th_IMG_9179 th_IMG_8947 th_IMG_8795 th_IMG_8456 th_IMG_8156 th_IMG_8150 th_IMG_8071 th_IMG_7703 th_IMG_7098 th_IMG_1955 th_IMG_1823 th_IMG_1681 th_IMG_1292 th_IMG_1014 th_IMG_0458 th_IMG_0124 DSC03126