世の中の出来事は、瞬時に歴史になる。

今この瞬間は、認識した時点ですでに過去になっている。

最近執筆をしながら、世界中の歴史を改めて掘り下げて学んでいてつくづく思う。

歴史は無限だ!

国を一区切りにして見ることもできる。

しかし、実際は一つの国に様々な人々がいて、

様々な思惑があって、

無数の発言や行動がある。

国境は移り変わってゆく。

一つの出来事には同時に無数の動機がある。

無数のストーリーが複雑に絡み合っている。

「何が起こったせいでこうなった」とか

「誰がこれを成し遂げた」とか

「何のためにこれをした」とか

それは物凄く限定的な見方でしかない。

一つの出来事は、

真実だけを用いても、

いく通りものストーリーで表現することができる。

今この瞬間さえも、世界中の全ての出来事を把握することな
どできはしない。

世界中の誰一人、本当の歴史を知ることができる人はいない。

どれだけ学んでも全てを知ることはない。

だからこそ多くを知るほど、

自分の知識の不完全性をより明確に自覚させられる。

すると、

知れば知るほど何も言えなくなってくる。

しかし、それでも学び続ける。

それは、

「知りたい」という想いがあまりにも純粋で根元的なものだから。
そして、
過去を知ることは常に未来の創造の糧にすることが出来るから。

歴史を見れば、

あまりの理不尽さに驚愕することもある。

あまりの悲惨さに打ちのめされることもある。

人間の本質を考えさせられる。

どのように宗教が利用されてきたか。

経済はどのように変化してきたのか。

力を持った集団が世界中で起こした虐殺。

現代の社会で起こっていることの理由。

資本主義とはどのように生まれた、どういった性質のものなのか。

歴史書やメディアの操作はどのように行われてきたのか。

なぜ中東では戦争が絶えないのか。

なぜここまでの格差が生まれているのか。

世界中を旅してきて出会った人々の、

無数の目を思い出す。

日本にいて社会を見る。

胸が痛む。

無数の視点、無数の真実、無数の正しさを前に、

声が出なくなる。

それでもより良い未来を想って、

学び続ける。

小さくても、出せる声を出し続ける。

そして、

これまでにどんな歴史があろうと、

何が真実であろうと変わらない、

世界をよりよい方向へ変えるために、今我々にできることを
思い知らされる。

「より多くの人と人と自然との調和を考えること」

「世界中の人々が繋がり、友達になり、信頼しあえるきっかけを作ること」

そのために、

人と自然との調和のためにはまず文化を大切にすること。

その上で世界中が繋がっていくためには互いに違いを尊重して学び合い楽しむこと。

そこから、

・伝統と革新、

・ローカルとグローバル、

・内と外

・心と物質

こういった対局をつなぐことを生涯かけてしていきたい。

自分も限りなく微力ですが、

皆で想いを一つに、様々な方法で、できることを手分けしてやっていけば、

いい時代を子どもたちに手渡せると信じています。

いつも本当にありがとうございます。

=========================

これから、歴史や世界情勢のお話をするセミナーなども定期的に作っていきたいと思っています!

その上で実際に国際交流の場を作っていきたいです。

「この地域の歴史や現状が知りたい」

「世界でこれが起こっている理由が知りたい」

などがあれば是非お聞かせください!

よろしくお願いします。

○お知らせ

【伊藤研人 Official Magazine】

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTXztawu

フリーのメールマガジンを始めました!

日々の思いや、講演、イベントなどの日程、活動のお知らせをさせていただきます。

「講演の日程がわからない」などの声をたくさんいただいていたので、こちらでも繋がっていただければ嬉しいです。

また、よろしければ「こんな悩みやについて考えを聞きたい、相談したい」ということがあれば教えてください。

質問してくださった方の名前は伏せて、お答えをメールマガジンの中で書かせていただくかもしれません。

【電子書籍『世界放浪徒然草』】

http://amzn.to/1QVH0JS

お陰様で、新着カテゴリ別ランキング一位になりました。

本当にありがとうございます。

【Twitter 伊藤研人】

一言の想いや、考え、現在地、突発的な「時間がある方ここで会いませんか」などを書いていきます。

ブログランキングへの投票よろしくお願いします。