永遠の0

『永遠の0』を観た。

自分自身、強い想いを持ち、勉強をして来た題材。
観た後の心情も「良かった」「悪かった」では語れない。
様々な想いが交錯する。

自分なりの日本や日本の為に命を捧げた方々への思いは、以前書いた文章に預ける事にして、
ここで出来るだけ多くの方に伝えたい事がある。

太平洋戦争時の日本は、正義でも悪でもない。
日本のした選択は、正解でも間違いでもない。
軍上層部にも一兵士にも、純粋な愛を動機に動いた人も、屈折した心を持っていた人もいた。
これは間違いない。

万が一、特攻に憧れを持った人がいたなら伝えたい。
戦争は悲惨な物だ。多過ぎる苦しみと悲しみを産む。
現代の日本人は彼らほどの強い心と愛を持って、世界に戦争が起こらないようにする為に、その為に今の時代だからこそ命懸けで働きながら生き残るべきではないか。
当時に比べれば平和ボケ出来るほどに恵まれた現代だからこそ、彼らほどの意志を持って平和の為に立ち上がれば更に前進する事が出来る。
それこそが散った命が今の我々に求める事ではないか。

万が一かつての日本や特攻隊に嫌悪感を持っている方がいれば伝えたい。
純粋に日本や子孫を守りたいと思って命を捧げた人々はいる。
彼らの犠牲の上に、我々は安全な日本に生きている。
彼らを単なる悪人や洗脳された人間と断じる事は出来ないのではないか。
その恩恵にあずかりながら、彼らを全否定すれば、自分自身が屈折してしまう。
この世界全体の変化の時代、日本国内が別れている場合じゃない。
過去は冷静に学ぶべきだけれど、それはあくまでより良い未来の為であるべきだ。
平和は否定からは始まらない。
恐れは避ける事では乗り越えられない。
感情的な否定はせず、感謝と反省を同時に持って、より良い未来の為に日本人同士、人間同士手を取り合って進んで行こう。

これは日本だけでなく、劇中で敵軍だったアメリカや、現代に至までの全ての国々で言える事。

多様な価値観も対話も素晴らしい事。
ただ、以下の点だけはこの映画を観てどんな感想を持った人だろうと共有して仲間で居たい。
「良い悪いじゃない。歴史を自分の存在の記憶として多角的かつ冷静に受けとめて、今後の為に生かしながら、これから自分自身とより多くの人々の幸福と言う同じ夢のために最善を尽くす。」

未だかつて、人類が戦争を無くせた時代はない。
そんな事はこれからも起こりえないと言う人がいる。
しかし、自分はそうではないと思う。
なぜなら、人類は今、人類を滅ぼしうるほどの巨大な力を得ようとしている。
これほど大きなエネルギーを平和の為に使える可能性のあった時代はない。
人類を滅ぼしうるほどの力を持ってすれば、戦争を無くして平和を作る事も可能だと信じている。
皮肉にもあらゆる物が表裏一体。
リスクとリターン
権利と責任

今なら、可能だと思う。
自身の幸福と国益と人類益と地球益の全てが出来る限り矛盾しないような社会を世界中の人々が仲間として目指す事が。
冷静で慎重に行えば、過去を生きた全ての人の想いに背く事無く、お互いを貶めることなく、世界中が同志になれる。

まず、日本人同士が信用し合って、尊敬しあって、多様性を認め合って、大切な部分は共有出来るような仲間どうしていてほしいと心から願う。

映画が終わって外に出た時、単純にこんなにも多くの人々が笑顔で暮らしている事に再度感動した。

感謝を込めて。
読んでくださって心からありがとうございます。

Twitter
https://twitter.com/KentoItoh
Facebook個人アカウント
https://www.facebook.com/kento.itoh

関連記事
『現代の大和魂と世界の夢』