8月31日

先日から同じファームに滞在しているドイツ人の旅人(以下D)
「今日隣の村でバタフライダンスがあるよ。行く?」
蝶のように着飾って踊るホピ族の祭りだ。
「今もう少しやる事あるけど後で行くよ。」
「じゃあ先に行ってるよ。どっちにしても一人ずつのほうがヒッチハイクしやすいし。」
「OK!」

彼は先に出て、15分後くらいに出発。道路に出る。

晴天。程よい風が心地いい。
隣村まで約10Km。
ヒッチハイク出来たらいいけど出来なくてもいずれは着く。
車が来る度に親指を立てる。
一台
二台
三台

手を上げて断る車。
無反応で通り過ぎる車。

(いずれは着くさ。)
足下の花を眺めながら歩いて行く。
面白い実があった。

行く先々見た事の無い物だらけ。

一台の車が止まってくれた。
「ありがとう。」
「どこ行くんだ?」
「ホテビラ(隣村)まで。」
お爺さんとお婆さん、年紀の入ったピックアップ。
出発して間もなく道を歩く人影が見えた。
「もう一人歩いてるな。友達か?」
冗談を言われたが本当にそうだった。
「そうです!!笑」
ここでDとまさかの再会をして結局一緒になった。
D「お前運いいな!」

ホテビラ村に到着
会場の場所も分からないまま奥の方へ歩き始める。
石を組んで造られた家々が坂の多い土地に立てられている。
砂漠の中、茶色で満たされた風景。湧き水の下にだけある青々とした段々畑が特に美しい。

外で掃除をしている女性に会場の場所を聞いてみた。
「ここだよー。明日からねー。」と言ってゴミを拾いだす。
反射的に自分も拾いだす。
「手伝ってくれるなら丸太はこんでくれる?」
男性たちは近くでベンチを作っている。
ゴミ拾い、荷物運び、ベンチ作りを手伝う。
彼らはホピの言葉で話している。
英語も当然話せる。
ほぼ全員バイリンガル。
一人の男性「どこからきた?」
「日本だよ。」
「お〜!走りに行った事あるよ!日本、中国、アメリカを走って横断したよ。ここの人のためにね。メッセージを運びながら。」
嬉しいねー!色々な人がいるもんだ。

作業していると一人のおばちゃんがきた。
「あんたらご飯食べて行きなさい!」
家に案内されるとそこにはたくさんの人と色々な食事がテーブルに並んでいた。
「これウマいよ〜!伝統的なブルーコーンのスープ」
紫がかった青いスープ。シンプルな味。
本当に美味しい。
本当に有り難い。

「明日バタフライダンスを見に来ます。食事をありがとうございました。」
「また明日ねー。」

帰り道はリンゴや薬草を採りながら小道を歩いてハイウェイへ。

帰りもすんなりヒッチハイク出来て帰宅。
いい一日だった。