モンサンミッシェル

フランス一日目、モンサンミッシェルへ。
息を呑むほど美しい。
この日はモンサンミッシェルを眺めながら外で一夜を明かす。

ここで出会った香港人「野宿するなんてアイディアは一切無かったけど、実際いいかもね。」
自分「最高だよ。」
香港人「もう最終バスが来るから行かないと。気をつけてね!」
自分「ははは。今日はここが家だから大丈夫。いい旅を。」

固い床で電気も水道も屋根も無い。
けど最高の一夜だった。

持たない事で、どこでも家になる。
人は産まれて、この世界を一瞬のうちに駆け抜けて消えて行く。
土地を持つという事は人のルールの中では重要な事だけれど、本当の意味では何一つ所有する事は出来ない。
逆に自分の物だと思い込まなくても、それはいつもそこに有るし、その美しさは変わらない。
その場を歩けば、腰掛けて眺めれば、それ以上そこから求められる物は無い。
美しいと感じている事実だけが全て。

誰かに持たない事を薦める訳でも、自分が生涯何も持たないと決意する訳でもない。
ただ人は幸せを求める。
幸せは心だけが決める。
持たない豊かさが、心に幸せを感じさせる事もたくさんある。
ただそれだけ。

美しい物を眺めながら外で眠る時。
一日一食パン一切れで済ます日、ジャムもバターも無くただパンを頬張って噛み締める時。
何一つその土地の情報が無く、道に迷って彷徨いながらも、ここはこの世界の一部でどことでも繋がっていると感じている時。
どういう訳か、深く幸せを感じる。
本当に有り難い。

ありがとう。

モンサンミッシェルモンサンミッシェル モンサンミッシェル th_IMG_8512 モンサンミッシェルモンサンミッシェルモンサンミッシェルモンサンミッシェルモンサンミッシェルモンサンミッシェル