満点の星空は忘れさせる。

自分の居場所も。

自分が誰かも。

この世界が何かも。

ここアリゾナの砂漠で見る星は美しい。

天の川もはっきり見える。

満点の星空にはたまに出会う。

アリゾナの砂漠で見る星空

グレートバリアリーフの船の上で揺られて見る星空

ニュージーランドの浜辺で寝転んで見る星空

タイの森で木々の間に見る星空

それぞれいいけれど中でも格別なのが

故郷の北海道の雪原で見る星空。

寒さが肌に突き刺さる。

星の光が降って来てそれが肌に当たっているように感じられる。

白い息が生きてる事を思い出させて。

その上に星がチラチラと小刻みに揺れている。

空気は澄み渡り、無音の耳鳴りがする。

もう四年近く見ていない。

次はいつになるだろう。

いつでもいい。

また見られる。