日本縦断の試練、

それは代わる代わる訪れる。

 

日焼けで全身が真っ赤になり、

温泉に入れば全身を激痛が襲う。

 

草履で歩き続け、

足の様々なところが水ぶくれになる。

 

膝や足首が痛くなることもある。

筋肉痛も日常茶飯事。

 

テントや着替え、パソコンに非常用の水や食料を担ぎ続けて、

肩や腰は悲鳴を上げる。

 

日照りの日はアブが湧いて座って休めない。

雨の日も民家もない田舎道には腰を下ろせる場所はない。

 

一日の終盤には、

一歩一歩が自分との戦いになる。

 

しかし、日焼けは治り、太陽に強くなる。

水ぶくれも、痛みの先により強い皮膚が作られる。

脚力はますます鍛えられる。

なんでもそうだ、

最初は痛くてきつい。

 

そんな中、

数日前に中山峠を越えた。

台風で土砂降り。

前日はバス停で泊まり、

朝5時から、一日で約40kmの峠越え。

 

峠道は歩行者が全く想定されていない。

歩道の全くない橋やトンネル、

冷や汗をかきながら超えてゆく。

 

この道を最初に開いたのは、

本願寺の人々、アイヌ、北海道に移住してきた伊達藩の人々だという。

 

当時、明治新政府は国家神道を定め、仏教を排斥しようとしていた。

しかし、資金繰りに窮して政府は本願寺に依頼した。

 

伊達藩は戊辰戦争時に薩長に従わずに立場を弱め、

北海道の未開の地であった伊達に移住してきた。

2万3000石から58石に減らされて食うにも困る状態であったところ、

この仕事に従事することになった。

 

そして、この地のことを一番よく知るのは当然アイヌの人々だった。

 

熊や狼のいる山での作業は楽ではなかった。

 

“山に寝るときは飢えた狼襲い来たりて夜通し眠ることできず。

それでも益々勇気を鼓舞し力を尽くしモッコを負って土を運び、斧を採りて木を伐り、堤を築き橋を架す。

日暮に到れば即ち木を集めて火を焚き暖をとり、樹陰に露を凌ぐのみ。

石を枕し、雪を褥として千辛萬苦、良く功をなせり。“  (北海道通覧・久松義典著)

 

ゆっくりと歩いていると、

道が生き生きとして語りかけてくる。

普段感じないことが見えてくる。

 

この地で生きては死んでいったご先祖様に思いを馳せる。

普段何気なく過ごしているこの土地で、

多くのことが起こってきた。

北海道の道の多くは、囚人が過酷な労働の中、

次々に亡くなりながら開いた道だ。

 

土砂降りの中、

台風による洪水警報が鳴り響く夕方、

ようやく峠を越えてどうしようかと考えていると、

どこからともなく声が聞こえてくる。

 

「ケント~!!」

 

高校の同級生だ!

奥さんの実家から帰る途中だという。

そのまま乗せてもらい、旧友の家に避難させてもらう。

 

天の計らいは本当にありがたい。

th_IMG_1133 th_IMG_1130 th_IMG_1128 th_IMG_1123 (1) th_IMG_1144 th_IMG_1139 th_IMG_1135 th_IMG_1075 (1)

================

もしも道中、お会いする機会があれば、

その土地の歴史などを教えていただければこの上ない幸せです。

いつもありがとうございます!