th_IMG_0858

大雲さんの勧めで、利尻山に登ろうと、利尻島に向かう。
しかし、利尻島に到着すると、すでに12時。
登山には10時間かかるからと、
9時前に着く計画で来たにも関わらずこの時間。

利尻ではなく礼文島に間違えて行き、
そこから急いで利尻島行きの船に乗り込んだものの、
利尻の中の着く港を間違えてさらにバスで移動。

あまりの間抜けさに、
自分に腹立たしさを覚えながら、フェリーターミナルに向かう。
するとどこかから声をかけられる。
「けんとさん!」
振り返ると、昔何度か行った札幌の飲み屋で働いていたカナさん。
「こんなところで会うとは!奇遇ですね!」
「ね!今ここのレストランで働いてるの!」

驚きながら挨拶を交わし、ターミナル内のインフォメーションセンターへ。
カウンターのお姉さんに話しかけると、驚いた顔で、
「あれ!中南米旅してませんでした?」

「え、してました!」

「私たち夫婦で旅してる時に会ってます!」

徐々に記憶が蘇ってくる。
「すごい!こんなところで再会するとは!」

「今日は利尻観光ですか?」

「山に登ろうと思ってたんだけど、フェリーを間違えてしまって時間が足りないからどうしようかと思って、とりあえずインフォメーションセンターに来たんです。」

「え!よかったら家に泊まって行きますか?夫にも言っときます!」

「え!本当ですか?それは嬉しいなぁ!じゃあちょっと山へ行ってきます!」

こんな短時間で二人も知り合いに会うなんて。
不思議だ。利尻島!

登山口に、たどり着いたのは1時前。
本当に10時間かかるとしたら、下山は夜11時。
全く話にならない。

いけるか?
雪駄と浴衣で。
とりあえず行ってみよう!
ペースが間に合わないようなら諦めるしかない。

歩き始めると、
事前に聞いていた半分くらいの時間で
4合目、
5合目、
6合目、
7合目、
と過ぎてゆく。

th_IMG_0748

すれ違うたびに、いろいろな声をかけられる。
「そんな格好で行くのかい?」
「行けるところまで行ってみます」

ヒマラヤ5000mに行ってみて、自分の体力の限界はどの程度かはある程度わかってる。
時間さえ間に合えばいけるはず。

途中まで霧に覆われていた視界が、一気に晴れて、利尻山が姿を表す。
あと一息。
山で疲れてきた時こそ、植物に感謝する。
新鮮な空気、涼しさ、美しさ、色々な方法で励まされる。
あたり一面の植物に「ありがとう」と伝えていると、
疲れも忘れていつの間にか進んでいる。

8合目、
9合目、

th_IMG_0799 th_IMG_0844 th_IMG_0787

美しい花と、雲海の眺め。

すれ違う人の驚きから、「心配」がなくなってくる。
「それでここまで来たのか!」
「修行中ですか?」
「仙人みたい」
「天狗みたい」

山頂付近の急斜面。
細心の注意を払って進む。

そして、ついに山頂へ!

th_IMG_0837

諦めなくてよかった!
天は、島を間違うバカさの代わりに、
体力を授けてくれたのかもしれない。笑

th_IMG_0814 th_IMG_0809 th_IMG_0798 th_IMG_0815 th_IMG_0825

浴衣と雪駄でもこれくらいはいける!!
是非、着物を着てください!!

これは本音ですが、
安全のため、どうか着物で「登山」は安易に真似はしないでください。笑
(自分は毎日この格好で、ヒマラヤも5000mまで試してます)

日本縦断の序盤、
日本に数ある富士と呼ばれる山の中でも最北の山。
ここからまた歩き始められることは感慨深い。

夜、ガテマラ以来のジュンさん、ともさん夫妻の家にお邪魔する。
なんだか、あの頃の空気を思い出す。
旅人との時間。

ジュンさん「男の子は特に、旅の理由を聞いてくるけど、私にはそんなものなかったなぁ」

自分も、旅には色々な理由がある。
けれど、同時に、からなず理由のない理由がある。
「行きたいから」
理由のない、最大、最強の理由。

食べる時に、子供は理由を考えない。
生存、栄養、、、、、考えることはできる。
しかし、
美味しいから、楽しいから。
食べたいから!
これが最強。

人生、
なぜ生きるか。
生きたいから!

旅、
なぜ旅するのか、
行きたいから!

それが、情熱も輝きも引き出してくれる。

ホッとする時間。
そして、
改めて、そばにいる人の笑顔を大切にしたいと思った。

全ての出会いに感謝が尽きない。
ありがとう!!