13682509_877288452405824_1320359323_o (1)

 

宗谷岬の神社で手を合わせて歩き始める。
青い海の上に白い靄がかかる。
その向こう、たった40kmちょっとの所に樺太がある。
日本国内で、国境を意識できる場所はとても少ない。
しかし、やはりここでも、国境を気にしているのは人間だけ。

海も、
空も、
鳥も、
魚も、

何も国境なんか気にしていない。
そのことが、
人の営みの儚さを痛感させる。

電話が鳴る。
大雲さんだ。
彼は今、日本最北端のお寺で住職をしている。
東京で会って以来。
せっかくだからと送ったメッセージを見てくれたのだ。

「今から海のご供養をするから、来れないかな?」

ひょんなことから、
ご供養を手伝うことになった。
海辺に作った祭壇の前で、シンバルのような妙鉢を預かり、
大雲さんの読経と太鼓に合わせて打ち鳴らす。
8月1日は祖父の命日でもある。
これまでの自分は、海を中心に生活した期間も長い。
この瞬間に不思議なご縁を感じながら、妙鉢を打ち鳴らす。

儀式を終えると、大雲さんが辺りを案内してくれるという。
サロベツ原野、大草原が目の前に広がる。
どこまでも続く地平線が見られる場所は、
日本にどれくらいあるだろうか。

「大雲さんは、人生で目指すことはなんですか?」
「今を生きることかな。悟ってしまっても、人間らしい感情を感じられなければつまらないから」

心から共感する。
この世界は、知れば知るほど正解はないことを思い知らされる。
不完全さを失えば、全てが味気ない。

幼い頃は、
早く目的地に着きたかった。
移動が苦痛で仕方がなかった。

しかし今、
この遥かな道のりを前にこの一歩一歩にこそ、命を感じる。

目的地に辿り着くことは素晴らしい。
しかし、それも新たな道のりのスタート。

常に、今に世界がある。

過去に学ぶことも、
未来に想いを馳せることも大切。
無視することなく、しかしそれらに呑み込まれもせずに、
いかに「今」に引きずり込むか。

頭で考えるのではなく、
存在に染み込ませる。

世界を取り込みながら、
自分自身を溶かしながら、
一歩一歩、踏みしめる。

素晴らしいタイミングで再会できてよかった。
日本最北端のお寺でお世話になり、
また歩き始める。

本当に、ありがとうございました。
 

13898352_877288442405825_27908146_o (1)