th_IMG_9158

このような事件が起きた事は悲しい。
多くの方が犠牲になった事は悲しい。
友達は大丈夫かと心配になる。
テロ組織による物でも、何か別の思惑を持つ者による物でも悲しい。
比較的、知らされる事も少なく、関心も少ない他の土地で犠牲になっている人々を想っても悲しい。
報道の偏りも悲しい。
難民になってしまっている人々の事を思うと悲しい。
善かれと思ってした事が批判される事も悲しい。
善かれと思ってした事が、見えない所で誰かを傷つける事も悲しい。
善良であろうとする人同士が対立してしまう事は悲しい。
悲しみや憎しみが連鎖してしまう事は悲しい。

過去を変える事は出来ない。
今、ただ一つ願うこと。
【これが、戦争の引き金になりませんように】

・物事を知れば知るほど、
悲しい事が連鎖的に見えてくる。
それは時に「恐れ」や「怒り」になる。
しかし、その手綱を握れなければ、
それは対立と争いを生む事になる。

知らずに、行動する事は出来ない。
知らずにいれば、無責任な行動から、
人は自らを滅ぼしてゆく。

知る事が、最善の行動を見極める力になる。
しかし、知の力は諸刃の剣。
「恐れ」や「怒り」に負ければそれが更なる破壊を生む。
「勇気」と「覚悟」を持って、
その力を求めなければならない。

・物事を知れば知るほど、
真実は無数の顔で現れる。
何が本当の真実なのか分からない。

無数の憶測が飛び交う。
人は時に自分の望むシナリオを決めつける。
確証がないままに、それを伝播する。
それは仕方がないし、多くの可能性に触れられるのはいい事でもある。
ただ、誘惑に負けず、忘れないで欲しい。
あなたには、真実を確実に見極める事は出来ない。
自分もそうだ。
実行犯全員の思惑も人生も知らない。
各国や各団体の構成員の日常の人となりも知らない。
予測は出来ても、
真実を100%見極める事など出来はしない。

我々に出来るのは、
全ての情報を決めつけず、
多面的な世界として捉え続ける事。
あらゆる可能性を包み込んで、
その上で最善を考える事。

対立ではなく対話を
恐れではなく共感を
怒りではなく勇気を
絶望ではなく希望を

そして、悲しむだけでなく、
生きている我々は命を楽しむ事も大切なこと。

もしも自分が犠牲になったら、
残された人に、復讐も怒りも悲しみも望まない。
ただ愛する人に笑顔で幸せに生きて欲しい。
大切に想ってくれて、悲しんでくれるのも嬉しいけれど、
想い出して、幸せな気持ちになってくれたらもっと嬉しい。
世界が美しくあって欲しい。
きっとそう想う人の方が多いのではないか。

悲しみを直視しながらも、
人はこの世界の美しさを感じていられるか。
恵みに感謝して、愛せるか。
それを試されている。

勇気と覚悟を持って知り、
悲しみを直視しながら命を楽しみ、
これが戦争の引き金にならない為に、
対話し、行動する。
叶うなら、
そんな事を共にやっていきたい。

絵空事ではなく、
本当に世界中が友達になる為に、
全力で色々な活動をして行きたい。

自分の無力さに歯を食いしばりながら、
心からの追悼と祈り、
そして自分の出来る事への決意と共に。

ありがとうございました。