インディアンの家 着物

出版に向けて、文章を書き始めた。
日本に帰ってから2、3ヶ月で本を出すのが目標。
旅に出てから今まで、日本にいては得られなかったと確信する貴重な経験を幾度となくさせて頂いた。

学びのお陰で、成長出来て
成長出来たお陰で、人生でやるべき事が見え
人生でやるべき事が見えたお陰で、必死の行動が出来て
必死の行動が出来たお陰で、仲間が出来て
仲間が出来たお陰で、楽しみも可能性も爆発的に広がった

その過程も結果もその全てが、ありのままで幸せを感じる事を助けてくれた。
旅に出て良かった。

その喜びと感謝から、望む人がいるのなら、自分の学びを共有したいと思ってブログを書き始めた。
誰でも今すぐ旅に出られる訳ではないし、旅が必要ない人もいる。
好みも、最高の学びを得られる場所も十人十色。
この多様性があるからこそ、この世は素晴らしいし、人は社会を形成出来る。
だからこそ、自分が頂いた学びの中で、他のほとんどの人が得られなかった経験と学びを、共有したいと思った。

そして、
それが個人が幸せになるヒントになったり
日本がより素晴らしい国になったり
世界中の人々が笑顔で暮らせたり
美しい自然を子どもたちに残せたり
そんな事の小さなきっかけになれば、これ以上の幸せはない。

最近はFacebookページをフォローして下さっている方が5000人を超え、
日本に帰る度に講演会をさせて頂いている。
今年の末に帰国した際には、日本中を回って話をさせて頂こうと思っている。

このタイミングで、自分の経験や想いを一冊の本という形にしたいと思った。
無数の奇跡に助けられながら、命懸けで見て来たこの5年間を一冊の本にしたい。
講演を聴きに来てくれた人が、もう一度聴きたいと思って下さったり、どんな事を言っていたか思い出したいと思って下さった時に、いつでも触れて頂けるものとして作りたい。
なぜ自分がそう思ったのか、なぜこれからそういった活動ををやりたいのか。その理由の一部だけでなく、背景全体を講演会の数時間では説明し切れない。想いの全てを伝えたくても、ブログでは構成がバラバラになるし、自分自身、誰かのブログの全ての記事を読む事はほとんどない。
たからこの一冊に魂を込めて、現段階の自分の分身にしたい。

完成した時は、手に取って頂けると本当に嬉しい。

人は毎瞬、その人にしか出来ない経験をしている。
3歳児は、3年分の自分が出来ない経験をしてきた。
その3年に学べる事は無数に在る。
色とりどりの人生。
自分は自分の与えられた経験と学びを、耳を傾けてくれる人と共有したい。
そして、出逢う全ての人から学ばせて頂きたい。

心からの感謝を込めて。

* * * * * * *
みなさん、本当にありがとうございます。
このFacebookページを始めた頃は、5000人もの人が読んで下さる事は想像出来ませんでした。
誰が読んでくれても、くれななくても、ただ思うままに自由に書こうと名付けた『世界放浪徒然草』。
それでも、少しづつ読んで下さる方が増え、感じるままに言葉を頂けると、とても嬉しいものでした。
「ありがとう」とか、「感動した」とか、「助けられた」とか、そんな優しい言葉を頂ける度に、とても嬉しく、「書いて良かった。」と心から思いました。
本当にありがとうございました。

最近、コメントの一つ一つにお返事をしきれていない状況ですが、一つ一つ大切に読ませて頂いています。いつも、素晴らしいコメントに感動したり学ばせてもらったりしています。
自分の文章に対するお返事だと思って、読ませて頂いた印に感謝の気持ちを込めて「いいね!」ボタンを押させて頂いています。
これからも、質問には出来る限り答えさせて頂こうと思っています。
本当に素晴らしいコメントが多いので、読んで下さっている方同士でも、コメント欄で交流して頂ければ本当に嬉しいです。

現在New York。
もうすぐ旅の最終章、アフリカに上陸します。
人類発祥の地でありながら、近代文明最後のフロンティア。
ありのままの自分で、ありのままを見てきます。
今後とも、よろしくお願いします!
お会い出来る日を、楽しみにしています。
心からの感謝を込めて。