ジブラルタル 着物

現在、ジブラルタル海峡北岸。
この海の向こうに見えているのがアフリカ大陸。
放浪の旅の最後の舞台。
日本を出てから約5年。
長いようで短い時間で気づかぬうちに様々な事を学んだ。

水と食料さえあれば何が無くてもストレスにならなくなった。
食も数日断食する事に何の問題も無い事を知った。
石けんもシャンプーも洗剤も必要ない。
英語と少しのスペイン語を話せるようになった。
情報も無く、言葉の通じない土地に行く事にもストレスを感じなくなった。
誰にでも話しかける事ができるようになった。
誰にどう見られようと、自分の芯に背かない限り一切気にならないと知った。
何人とでも友達になれると知った。
心を閉じれば、どこにいても孤独であると同時に、
心を開いていればこの世界に孤独でいられる場所など、どこにも無いと知った。
ただ生きて、死ぬだけだと知った。

今では、普通の事で、単なる日常だけれど
5年前、日本から出た事がなかった頃の自分には想像もできなかった事。
こうしてアフリカ大陸を前にして、心は穏やかで、恐れはない、油断もない。
激しい興奮はないけれど、じわりとしたワクワクを常に感じる。
子どもの頃に憧れた砂丘や、サファリ。
人類発祥の地。
約10万年前に我々の祖先が未知なる世界への旅立ちを決意した土地。
そこに住む遠い親戚たち。

未来に目を向けると過去が見える。
ここに立ってつくづく思う。
自分は本当に出逢いに恵まれている。
古い友達や、旅で出逢った人々、同じ目的を持って出逢った同志達。
そして、こうして耳を傾けてくれる方々。
皆のお陰で今の自分がある。

今ここにいられる事に幸せを感じながら
これからのアフリカの旅に思いを馳せながら
日本に帰る事も楽しみで仕方ない

いつも本当にありがとうございます。
また会える日を心から楽しみに。
ちょっくらいってきます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジブラルタル
かつて世界の果てと言われた土地。
神話にヘラクレスの柱として語られる。
近代では難攻不落の要塞。
イギリスとスペインが領有権問題を抱えているが、現在はスペインの南端にあってイギリス領。
人々もここでは英語を話している。

人に道を尋ねながら歩いて登っていく。
猿がたくさんいる。
道はスペイン独特の真っすぐな日差しと、白い崖、そして緑のコントラストが美しい。
th_IMG_5485
th_IMG_5488 th_IMG_5501 th_IMG_5503 th_IMG_5485 th_IMG_5508

th_IMG_5507 th_IMG_5517 th_IMG_5577 th_IMG_5533 th_IMG_5510 th_IMG_5519 th_IMG_5524 th_IMG_5525 th_IMG_5529 th_IMG_5542
th_IMG_5555

th_IMG_5585th_IMG_5703 th_IMG_5714 th_IMG_5709th_IMG_5665