ウユニ塩湖 ボリビア

塩で底が満たされた湖に薄く水が張って上も下も空になる。「天国」と形容される風景。
この幻想的な風景が見られるのは雨期の12月から2月までの間。

この湖はアンデス山脈上、標高3760mにある。富士山3776mとほぼ同等の高さ。
この高度にあるにも関わらずこの場所はかつて海だったと言われている。海だった部分が隆起して湖が出来、そこに海水由来の塩が溜まってこの塩湖が生まれた。

どこまでも続く空。
青空も雨も雷も夕日も。
忘れられない場所。